片桐ゼミ 

ゼミについて

  • ゼミメンバー


4年生:男(2人) 女(6人)
3年生:男(2人) 女(6人)
2年生:男(2人) 女(5人)


 

  • ゼミの活動内容

今期は『新平等社会』(山田昌弘著)を輪読しています。レジュメ作成、グループディスカッション、新聞記事の収集、ゼミ日誌のHP更新、4年生の卒論報告会に参加、などゼミ生が主人公となるような諸活動を地道に行なっています。



  • ゼミのアピール 

先輩と後輩がすごく仲良しで和やかな雰囲気です。卒論を早くから意識できる機会も多くグループディスカッションも就活を見据えて行っています。

  • ゼミ生から見た先生 

とても若い先生で、歯切れのよいトークと笑顔が魅力的です。




先生について

  • 指導教官 片桐 資津子
  • 研究テーマ 少子高齢化社会における家族と地域社会の研究
  • 生年月日 1971年生まれ

  * 一言  私の専門は少子高齢化の社会学です。ゼミでは、就活と卒論を見据えて、時事問題や議論のお作法を学んでもらっています。

ゼミ紹介/片桐ゼミ.txt · 最終更新: 2007/07/02 20:59 by simozemi
Copyright(C) 1997-2007 Dept. of Economics, Faculty of Law, Economics and Humanities,
Kagoshima University, All Rights Reserved.
chimeric.de = chi`s home Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0